ークロスフィニティに入社した理由を教えて下さい

私は、新卒入社した大手金融機関でベンチャー企業を支援する部署にいて、取引先であったオプトに興味をもったことがきっかけとなり「成長段階にある企業で自分も一緒に成長する」という経験をしてみたいと思いました。オプトグループの中でクロスフィニティを選んだ理由は、純粋にSEOに面白みを感じ、これからの時代に必要不可欠になるだろうと感じたことと面接の際「人」に魅力を感じたことからです。仕事に対しての意識の高さ、なにより楽しんで仕事に取り組む姿勢に「この人たちと一緒に仕事をしてみたい」と思いました。クロスフィニティの一番の強みはそういった「人」の魅力であり、とても「人」を大切にする会社だと感じています。

ー仕事内容を教えて下さい

私は法務業務を担当しています。基本的には取引契約書・NDA・覚書等法的書類のチェック・作成に関する業務を行っております。
その他、押印管理や社内稟議対応、顧問弁護士対応、登記関係なども担当しています。 以前は営業部署でアシスタントを行っており、育児休暇明けも同じポジションに戻る気だったのですが、いざ育児をしながら仕事をしようとすると、以前とは仕事に対するプライオリティが変わっていることに気づき、今後はもっと自分のライフスタイルに合わせて会社の役に立つことができるように専門的なスキルを身につけていきたいと考え、現在の法務担当のポジションを希望しました。

ー仕事をする上で原動力となっていることを教えてください

大きく分けてふたつあります。
ひとつは、子供と過ごす時間を大事にすることです。一日の仕事を終えて、子供のお迎えに保育園に行くのですが、いつも「ママー!」と走り寄ってくる子供の笑顔を見ると仕事の疲れは吹き飛び、その後は子供との時間を満喫できます。子供と過ごす時間は「またがんばろう」という気持ちにさせてくれ、翌日もすっきりとした気持ちで仕事に取り組むことができます。

もうひとつはもちろん仕事上でのやりがいです。法務業務は単純に会社の売上に直結するとは限りません。営業担当が早く案件を進めたいと思っているのに対し、リスクヘッジのためストップをかけることもあり、結果としてビジネスチャンスを失うことにもなりかねません。
ですが、営業担当にブレーキをかけてでも、少しでも法的リスクを回避し、フェアな取引ができるように試行錯誤することで、 結果としてより会社に貢献することができます。法務業務という、対外から会社を守る、とても重要な部分を任されているということにとてもやりがいを感じます。また、社内で扱っているさまざまなプロダクトに関わることによって、大きな視点で会社全体を把握することができるのもやりがいの一つです。
まだまだ勉強中ではありますが、育児中のためほかの社員よりも勤務時間が短くなりがちな分、これまで以上に日々の業務を効率的にこなせるよう工夫をしながら、頼れる存在となっていけるよう頑張りたいです。

ー今後の目標を教えてください

私自身が、ワーキングマザーのロールモデルとなることです。「育児をしながらどうやって仕事を続け、自らも成長していけばいいのか」という問題は、多くの女性社員の悩みになっていると思います。
その中で今後、クロスフィニティが「育児をしながらもキャリアを築くことができる企業」となるために私ができることは、実体験を通じて「働くママが何を望んで何に困るか」を会社に伝え、解決策を提案していくことだと思っています。

―Working Style

06:30 起床
08:00 保育園着
09:30 出社
09:30 - 13:00 メールチェック、ミーティング、各種作業等(押印、契約書チェックなど)
13:00 - 14:00 ランチ
14:00 - 18:00 ミーティング、各種作業等(契約書チェックなど)
19:00 保育園着
19:30 帰宅後、夕食の準備
20:00 家族で夕食、子供とお風呂
21:30 子供の寝かしつけ(絵本を読んだり、子守唄を歌ったり)
22:00 家事、翌日の保育園の準備
24:00 就寝