ー仕事内容について教えて下さい

LPO(ランディングページ・オプティマイゼーション)という手法を用い※1、クライアントのウェブサイトのコンバージョンレート※2 向上のお手伝いをしています。

2011年1月から、この領域への参入(事業の立ち上げ)を任されることになりました。まずは代理店や顧客の声を聞くなど調査を行い、市場の状況を分析しました。
私は元々、親会社のオプトに在籍しており、その当時からLPOについては事業プランの提案をするなど関心があったため、いくつかの仮説がありました。上記のヒアリング・調査の中で、その仮説が裏付けられた部分、また、新たに見えてきた部分がありました。
具体的には、市場(顧客)の求めているものと、各代理店・ベンダーが提供しているものの間にいくつかのギャップがあることが分かりました。それら、わかったことを元に、サービスの構築やプライシング(価格の設定)を行いました。その結果、事業の開始当初から順調に顧客数を伸ばすことができ、当初1人でスタートしたLPO事業も、現在(2013年4月)8名のチームとなりました。次は、2014年1月時点での部への昇格を目指し、チームメンバーや、営業など他のメンバーと共に、日々頑張っています。

※1 「DLPO」ご参照
※2 転換率。サイト訪問者が申込や登録、購入等のアクションを起こす割合。以下、CVR

ーどんなときにやりがいや面白さと感じますか?

一つは、自分やメンバーの考えた施策によってクライアントのCVRが大きく上がった時です。CVRが2倍になることは、クライアントの売上が2倍になるということであり、これほどダイレクトな形でやりがいを感じられる仕事は世の中にそうそう無いのではないかと思います。もう一つは、チームのメンバーが、これまで出来なかったことを出来るようになった時や、本来のポテンシャルを発揮して活躍しているのを見た時です。多様な個人が同じ目標に向かい、それぞれの強みを発揮して補完し合う組織が最も強いと考えます。幸い、当社や当チームには意識の高いメンバーが集まっているため、そのようなやりがいを感じる機会にも恵まれています。

―印象に残っている仕事は何ですか?

自分やメンバーが考えた施策によってクライアントのサイトのコンバージョンレートが大きく上がり、クライアントから感謝の言葉を頂いたことです。ABテストから一歩進んで、様々なユーザー属性毎にテスト結果を分析し、統計的な信頼度に基づいて属性ごとに最適なパターンを表示することで、大きなCVRの向上を実現できました。「ビッグデータ」という言葉を耳にする機会が増えたように、世の中はデータで溢れています。ただ大事なのは、より多くのデータを集めることではなく、適切な仮説の構築とそれを検証するためのアクション、分析です。LPOの仕事はそれを文字通り、しかも毎日実行できる、稀有な仕事だと思っています。

ー今後の目標を教えてください

LPOを会社の新しい柱とすることです。今はまだチームですが、2014年1月には部になることを目指しています。
また、個人的な目標として、独自のタスク管理ツールを作って世に出したいと思っており、プログラミングを勉強しています。表計算にはエクセル、プレゼン資料にはPPT、文書作成にはWordがあるのに、タスク管理に標準的なツールがないのはおかしいと思っています。

―Working Style

06:00 起床
06:15 - 07:00 メール・個人作業・国内/海外/Tech関連記事チェック
07:30 - 08:30 移動・新聞・国内Tech関連記事チェック
08:30 - 09:30 出社→個人作業
09:40 - 10:00 チーム朝MTG
10:00 - 13:00 社内業務(個人作業、社内のやり取り、メール、電話、MTG)
13:00 - 14:00 ランチ
14:00 - 17:00 クライアント訪問(移動含む)
17:00 - 21:00 社内業務(個人作業、社内のやり取り、メール、電話、MTG)
21:00 - 22:30 退社→移動・読書・英語の勉強
24:00 就寝