News

ニュース

TOPクロスフィニティ、2013年度版SEO市場予測を発表

ニュース

クロスフィニティ、2013年度版SEO市場予測を発表

オプトグループのクロスフィニティ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 毅之)は、日本国内におけるSEO市場調査を実施いたしました。検索エンジン事業者の仕様変更や利用者動向の変化などSEO関連市場を取り巻く状況は刻々と変化しており、そのような状況下でSEO市場規模予測を公表する企業や機関が見受けられなくなったことから、この度当社より発表を行うことにいたしました。2012年から2015年までのSEO市場規模の予測結果は以下のとおりになります。

2012年のSEO市場規模

2012年はスマートフォン市場が拡大し、スマートフォンサイト設計および制作にSEOの視点を組み込むニーズが増加しました。7月にはGoogleによるパンダアップデートの日本語適応拡大が発表され、良質なコンテンツを発信することに注目が集まり、文書作成などコンテンツ作成をアウトソースするニーズも高まりました。
またGoogleによるペンギンアップデートの実施や低品質なリンクを集めるサイト運営者への通知など不正なリンクへの取り締まりが強化され、一部SEOサービス提供企業は売上大幅減の打撃を受けました。一方、それらGoogleの方針を受けてGoogleペナルティ解除サービスや自然リンク獲得とSEO内部施策を中心にコンテンツに主眼を置いたサービスを提供する企業も出てきました。
市場としては、企業サイトにおいても自然流入の量が重要視され、大手企業においてもSEOサービスの導入が進んだことより、2012年国内SEO市場規模は272.7億円と推計いたしました。

2013年のSEO市場規模予測

2013年は低品質なリンクへの警戒感から企業のSEOに対する姿勢は慎重さを増しておりますが、リスティング広告との相乗効果によって幅広い業種においてSEOサービスが認知されていることや大手企業のSEOへの投資は引き続き伸長しているため、同市場は前年比120%の327.7億とプラス成長する見込みを立てております。特にスマートフォンおよび海外向けサイト対応、外資系企業の日本向けサイト対応ともにより一層の需要増加を見込んでおります。SEOサービス提供企業は各検索エンジンの方針や施策に合わせながらも企業のニーズに応える商品開発と施策の透明性が求められると予測しております。

SEO市場の今後

アトリビューション分析からの予算再配分により、検索エンジンからの流入効果が見直される一方、SEOサービス提供企業はコーポレートサイトだけではなく、広くオウンドメディア含めたコンテンツ開発やソーシャルメディア活用を含めたコンサルティングなど従来SEOサービスの範疇を超えた企業ニーズに応じる必要が出てくると予想されます。そのことにより、SEOサービス提供企業は幅広いインバウンドマーケティングの1手法としてSEOを捉え直し、他施策と連携していくようなサービスを提供することになると予測しております。またスマートフォンに対する 需要は一巡し、結果SEO市場は複雑高度化する見込みですが、2015年までには432.9億円と引き続き緩やかに伸長するものと見込んでおります。
クロスフィニティではこのような市場変化に対応しながら、マーケットの牽引役として関連市場含め更なる業界発展に貢献できるよう今後も継続的な市場調査の実施を予定しております。

調査概要

  • 調査主体:クロスフィニティ株式会社
  • 調査時期:2012年1月から2013年6月
  • 調査方法:市場関係者へのヒアリング、公開情報の収集、弊社ならびに調査機関が保有するデータ
  • 調査対象:SEO市場ならびに関連市場

以上