Rule

サービス利用規約

TOPサービス利用規約

クロスフィニティ株式会社
サービス利用規約

 本規約は、クロスフィニティ株式会社(以下「乙」という)から本件サービス(乙が実施し、又は提供するサービスの総称をいう。以下同じ)の提供を受けるお客様(以下「甲」という)と、乙に適用される。

第1条(本規約の変更)

乙は、甲に通知し、又はhttps://www.crossfinity.co.jp/rule/にて表示されるウェブサイト上に変更された規約の内容を掲載することで、随時本規約を改定することができる。乙が通知を発信した日又は本条第一文記載のウェブサイト上に掲載が開始された日から15日以内に、甲が新たな本件サービスにかかる発注の意思表示を為した場合、又は本件サービスにより提供されているサービスを利用した場合、甲が当該改定内容に同意したものとみなす。

第2条(管理画面)

甲は、本件サービスの提供内容の確認等を可能とするウェブサイト(第三者が運営するものを含み、以下「管理画面」という)を閲覧・利用するために必要となるID及びパスワードを乙より付与された場合、かかるID及びパスワードを善良なる管理者の注意をもって取り扱うものとし、第三者に貸与又は譲渡し、その他これらに類する行為を行ってはならない。ID及びパスワードの紛失等に関連し、甲に生じる損害につき、乙は一切責任を負わない。

第3条(成果報酬型プロモーションサービスにかかる特約事項)

本件サービスが成果報酬型プロモーションサービスである場合、甲は以下の事項について異議なく承諾する。

(1)本件サービスの具体的な条件、実施要領、成果報酬条件等は、個別契約その他甲乙間の合意した条件に従うものとする。
(2)報酬の計算根拠となる成果の計測については、乙又は第三者(乙は、第三者が実施又は提供するサービスを甲に提供する場合がある。以下、当該サービスを運営する第三者を「サービス提供元」という)が提供するASPサービスを利用するものとし、甲はかかるASPサービスの利用規約その他の利用条件に同意するものとする。甲は、正当な理由なく成果の計測結果を否認しない。
(3)乙は、前号に定める計測ツールの使用にあたって、計測ツールの機能検証のためにテストを行う場合があり、甲はこれに異議なく同意する。
(4)甲は、乙又はサービス提供元が提供するASPサービスの管理画面上に列挙されるユーザーによる成果(ユーザーによる、甲の広告を介した甲の取扱う商品・役務の購入、これらにかかる資料請求その他個別契約にて指定する行動を指す)の一覧の中から本件サービスの対価の対象となる成果の承認又は否認にかかる選択作業を行う必要がある場合があることを認識する。
(5)甲は、乙の指定する期間内に成果の選択作業を行わない場合全ての成果を承認したものとみなされること、及び別途個別契約を締結することにより成果の選択作業を乙に委託した場合乙の行った成果の選択作業について異議を申し立てることができないことにつき、異議なく承諾する。甲は、当該期間経過後及び成果の選択作業終了後、いかなる理由があっても、当該成果の選択にかかる取消又は撤回を行うことはできない。
(6)甲は、甲による成果選択作業の内容が、事実と相違なく正確であることを表明し、保証する。
(7)本件サービスは、プロモーション方法等の具体的な合意の後に開始されるものであり、個別契約の成立後直ちに開始されるものではないことを甲は了解するものとする。また、乙は、本件サービスにおいて何らかの成果が出ることを保証するものではない。
(8)商法第28条及び会社法第17条の規定は甲乙間に適用されないものとする。

第4条(SEOサービスにかかる特約事項)

本件サービスがSEOサービスである場合、甲は以下の事項について異議なく承諾する。

(1)本件サービスの遂行は、検索結果順位の上昇・維持を保証するものではないこと。また、検索結果順位の上昇・維持がなされなかった場合であっても、乙が甲より支払われた対価の返還を行う義務を負わないこと。
 なお、「検索結果順位」とは、検索エンジンを用いた検索の結果が一覧表示されるページ上において、特定のウェブサイトが表示された順位をいう。
(2)対象検索エンジン事業者又は当該対象検索エンジン事業者より検索エンジンの提供を受けるサービス事業者が、対象検索エンジンのアルゴリズム(技術的仕様)又は表示方法を含むガイドライン若しくはルールを変更する場合があること、及びこれにより本件サービスの効果が低減する場合があること。
(3)本件サービスの対象として甲が指定するウェブサイトの改善に関する指示を乙が行った場合には、速やかに乙の指示に従うこと。
(4)甲が指定するウェブサイトの改善に関する乙の指示に基づく施工費用は、甲乙間で別段の定めがない限り甲の負担とすること。
(5)乙の指示に含まれる内容が第三者の権利侵害を行なっていないことを保証するものではないこと。
(6)対象検索エンジン事業者又は当該対象検索エンジン事業者より検索エンジンの提供を受けるサービス事業者を含む第三者が、甲の指定するウェブサイトの検索結果順位を下降させる又は無効化する等の措置を行った場合、その理由又は性質の如何に拘わらず、乙は甲に対し何ら責任を負わないこと。
(7)甲がやむを得ず本件サービスにかかる個別契約を解除する場合といえども、甲は、対価の支払いを免れ得ず、また、乙より違約金の請求を受けたときは、これを乙に支払わなければならないこと。

第5条(ASP及びソフトウェアの使用許諾サービスに関する特約事項)

本件サービスがASPサービス又はソフトウェアの使用許諾サービスである場合、甲は以下の事項について異議なく承諾する。

(1)本件サービスの対象となるソフトウェア、及び本件サービスの提供のために必要となるシステム等にかかる著作権その他一切の権利(著作権法第27条及び第28条に定める権利、営業秘密、アイデア、コンセプト、ノウハウ等の権利、特許等を受ける権利を含む)は、乙又は乙にライセンスを許諾した第三者に帰属すること。
(2)本件サービスの対象となるソフトウェア及びこれに付帯して乙より提供された資料等を、善良なる管理者の注意をもって取り扱わなければならないこと。
(3)本件サービスの対象となるソフトウェア及びこれに付帯して乙より提供された資料等を、本件サービスの利用のために必要な範囲で、自社内においてのみ利用することができ、乙の事前の書面による承諾を得ることなくこれを第三者に開示し、譲渡し、貸与し、又は使用許諾してはならないこと。
(4)本件サービスの対象となるソフトウェアの複製、改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルその他当該ソフトウェアにかかる乙の知的財産権を侵害する行為を行ってはならないこと。
(5)本件サービスの対象となるソフトウェアの信頼性、正確性、適法性及び有用性その他について自らの責任において判断し、自らの責任で利用すべきこと。

以上

平成23年4月30日制定
平成23年6月27日改定
平成23年10月31日改定
平成23年12月22日改定
平成25年2月13日改定
平成25年4月24日改定
平成25年6月26日改定
平成29年10月5日改定